9 3月
2018

中性脂肪

最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や糖尿病といった色々なトラブルの素因となる可能性が高いといわれています。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、紫外線A波の異常な浴び過ぎは皮膚にトラブルを招くとして、19歳未満の若者がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する行動の禁止を世界中に求めている最中です。
現代の病院の手術室には、W.C.や器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を併設し、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を備えておくか、近い所にレントゲン撮影用の専門室を用意しておくのが普通だ。
軽い捻挫と勝手に決め込んで、包帯やテーピングテープなどでとりあえず患部を固定し、様子を見るよりも、応急処置を済ませたらただちに整形外科の医師に診察してもらうことが、早く根治させる近道となります。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康でも発生することがあるのでさほど深刻な心臓病とは限らないのですが、発作が数回に渡って立て続けに出るケースは楽観視できないといえます。

お酒に含まれるアルコールを分解する作用のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔によく効きます。ゆううつな二日酔いの要因とみられるエチルアルデヒドという物質のクラッキングに携わっているのです。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、主に四肢がマヒしたり脚の浮腫みなどが中心で、進行してしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全を連れてくる可能性があるということです。
欧米諸国では、新しい薬の特許が満了してから1ヶ月後、製薬市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に取って代わる薬もある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は地球上で知られているのです。
脳卒中のくも膜下出血は9割弱が脳動脈りゅうと言われる脳の血管の不必要なこぶが破裂して脳内出血することで発症してしまう命にかかわる深刻な病気だという知識を多くの人が持っています。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、臨床データに基づいた研究結果から、ワクチンの効果が見込めるのは、ワクチン接種日のおよそ2週間後から5カ月間程だろうと考えられているようです。

前立腺という生殖器は生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても密接に関連していて、前立腺に出現してしまったがんも同様、アンドロゲン、即ち男性ホルモンに影響されて大きくなります。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、かの有名なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源を活用するのに欠かせない回路に組み込ませるためにもっと細分化させるのを促進する動きもあるのです。
肝臓をいつまでも健康に維持するには、肝臓の解毒作用が落ちないようにすること、言いかえれば、肝臓を老化させない対策を開始することが有効だと考えられます。
冠動脈の異常である狭心症の外科処置としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス手術」の2つの異なる術式が熱心に使われています。
基礎代謝というものは人間が横臥位でじっとしていても必要なエネルギーのことですが、大方を全身の筋肉・最大の内臓である肝臓・頭部の脳の3種類が使っているというのが今や常識となっています。
身長を伸ばすサプリは薬局で買えません