1 2月
2018

妊婦と胎児の健康

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を有しない一般の人にも使用可能な医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスに従って処置することで、心臓が細かく震える心室細動の処置の効き目を与えます。
緊張型頭痛とは仕事や勉強などでの肩こり、首のこりが原因の日本人に多い頭痛で、「ギュッと締め付けられるような激しい痛さ」「ズドーンと重苦しいような酷い痛さ」と言われることが多いようです。
日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を助長するという機能が特に有名で、血液中のCa濃度を微調整し、筋繊維の動きを調整したり、骨を作ります。
エネルギーとしてすぐに使われる糖、新陳代謝に欠かせない蛋白質など、過度のダイエットではこのように体調を保障するために欠かせない要素までもを乏しい状態にする。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番多い中耳炎で小さな子供に起こりやすい病気です。耳の痛みや38℃以上の発熱、ひどい鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などのいろいろな症状が発生します。

1型糖尿病という病気は、膵臓にあるインスリンの源であるβ細胞が破壊されてしまうことが原因で、結果的に膵臓からはほぼインスリンが出なくなることによって発病してしまうという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
流感とも呼ばれるインフルエンザに対応した効果的な予防策や病院での治療等必須とされる対策というものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでも変わらないのです。
脚気(かっけ)の症状は、両手両足がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の著しい浮腫みなどが目立ち、進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全なども招くことがあるようです。
肝臓をいつまでもきれいにキープするには、肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにする、言いかえれば、肝臓を老化させない対処法を開始することが効果的だと考えられます。
いんきんたむしという病気は比較的若い男の人多く見られる傾向があり、大体股間部にのみ拡大し、運動をしたり、入浴後など全身が温まると強烈なかゆみに苦しみます。

基礎代謝(BM)とは人間が動かなくても必要な熱量のことで、その半分以上を様々な筋肉・一番大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が使っているのです。
肥満(obesity)は大前提として栄養バランスや食生活の質、運動不足が誘因ですが、同量のごはんであったとしても、慌ただしく食べ終わる早食いを日常化することで肥満(obesity)を招く結果になります。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝という病気は、肝硬変や脳梗塞を始めとする色んな病気を誘引する可能性があることをご存知でしょうか。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは睡眠中ではなく目覚めている状態で生命活動を維持していく(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張の保持など)のに必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量のことを言うのです。
結核をもたらす結核菌は、患者さんがゴホゴホと「せき」をすることで外気や内気に飛び散り、空気中でふわふわ飛んでいるのを今度は別の人が呼吸の際に吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。
妊娠初期に葉酸をとってないとどうなるの?おすすめ葉酸サプリは?